happy man

より良い条件の会社へ

現在プログラマーとして働いている方にお伺いしたいのが、「今の待遇で満足していますか?」ということです。
特に最近は、プログラマーに対数需要が高まりつつあります。rubyなどの特殊なプログラムが組める方に関しては、どこの企業でも求めれられるでしょう。
実際にrubyが使えるプログラマーの平均年収は600万円程度となっており、使える人が多いjavaよりも100万円近く高いものになっています。
昔から同じ会社で働いている方の中には、この年収を大きく割ってしまっている方もいるかと思いますので、せっかくrubyが使えるのであればより良い会社に転職することも視野に入れてみませんか?

日本では基本的に同じ企業でずっと働くという考え方があるので、転職を考えている方は少ないかもしれませんね。
ただ、最近ではより良い条件の会社に転職を考える方は意外と多く、特にIT系の企業に関しては盛んにヘッドハンティングなどで優秀な人材の転職を促す動きが盛んです。
rubyを使えるプログラマーの価値を分かっていない企業と、rubyを付かせる人材を囲い込もうとしている先見の明を持つ会社を比べると、その年収には大きな差が出ます。
IT業界は業界の情勢が刻一刻と変化し続けるので、rubyを使える方は常に他の会社の動向に目を光らせて、チャンスがあれば条件のいい会社に転職する機械を虎視眈々とうかがいましょう。
当サイトではrubyの技術を持つ方がどのように転職していくべきなのかを簡単にまとめましたので、激動の業界を生き抜くための参考にしていただけたら幸いです。

strong man

求人の探し方

転職先の求人を探す際は、プログラマー専門の求人サイトを利用しましょう。プログラマー専門の求人サイトならrubyなどの言語で絞込検索ができますので、条件のいい会社を探しやすくなっています。

men's fashion office

会社の性質を把握しよう

転職の際はrubyを使っているか、給料は高いか、そして会社の空気はどうかという点に気を付けましょう。チームプレイ型が良いのか、個人プレイが好みなのかで働くべきお店が変わってきます。

man full of masculine

コミュニケーションスキル

転職の際には必ず面接がありますので、rubyの技術だけでなくコミュニケーションスキルが必要になります。普通の受け答えができて、会社の求める程度の対人関係は円滑にこなせるくらいのコミュニケーションスキルを持っておきましょう。